ブログ

去る4月18日(金)、池袋オープンスタジオを実施しました。

今回のオープンスタジオの目玉はハッセルブラッドの新製品、CMOSセンサー搭載のH5D-50cの体験。
弊社地下スタジオに撮影ブースを設け、向上した連写速度、高ISOでも低ノイズを体感して頂きました。
既にハッセルブラッドをお持ちの皆さまも、情報交換の場として今回の場を活用していました。
140423

ブースの機材はパラ177サテライトスタロなど、ブロンならではの機材をご用意しました。
特徴的な効果を持つブロンカラーを実際に試せる良い機会ということで、お客さんも夢中になって撮影。
140423

ご使用いただいたブロンカラーのストロボもハッセルブラッドのカメラも全てアガイ商事にてレンタル可能です。
使って良かった!これが気になる!と思う機材があればお気軽にお問い合わせください。

また1Fでは、ワンコインでスイスワインが飲み放題の試飲会を開催。
お酒好きの皆様に好評で、おかわりの声が絶えませんでした。
140423
足元の悪い中、多くのお客様にご来場いただきかなり盛り上がりました。

その後は場所を移して懇親会。合計20名を超えるご参加をいただき、大いに盛り上がりました。
アガイ商事とお客様だけでなく、お客様同士の横の繋がりも増えて、良い機会になったと思います。

次のオープンスタジオは5月17日開催予定です。
是非皆さまお誘いあわせの上お越しください!

アメリカはラスベガス・コンベンションセンターにて開催される、世界最大の国際放送機材ショー「NAB show 2014」の視察に行ってきました。

弊社取り扱い機材各社も多数出展。
全天候HMIでおなじみコボルトは各種サイズとパラをアピール。
NAB show 2014
上から吊られた大きなバナーはサンバウンス製です。

サングラスビデオのピボットヘッドは新シリーズ「スマート」を展示。
NAB show 2014
まだモックアップでしたが、microSD対応やWi-Fi搭載などがアナウンスされています。
夏ごろ発売予定。

全天候LED照明「AAdyntech」(アディンテック)
NAB show 2014
放送や映像用としてはもちろん、イベント照明としても使用可能な全天候LED・アディンテック
大光量・省電力で様々な場面で活躍できる機材です。
弊社でお取り扱いしております。

映像関連では、各種カメラの4K以上の高画素対応化によるソフトや編集機器などの高画素化、NHKが開発した8Kカメラやモニターの展示が話題を呼んでいました。
NAB show 2014

アガイ商事では毎年、NAB show視察ツアーを実施、お客様にもご参加いただき、最新の機材情報の取得のお手伝いを行っています。
今回も総勢17名で訪問しました!

写真関連では2年に1回のフォトキナの視察ツアーも実施しています。
詳細は後日お知らせいたします!

毎月開催の池袋オープンスタジオ、奇数月の今月は3月15日(土)に開催いたしました。
今回のテーマは「あなたの写真に一工夫」。
ちょっとの工夫で大きく変わるライトシェープツール「サンバウンス」をご紹介しました!

組立簡単、とっても軽い、一目瞭然の光を実現…三拍子揃った、そんな優れものです。
バウンスとして白はもちろん銀・金・黒など様々なカラーパターンから選べ、ディフューザーとしても生地の厚さが1/5から1/1まで選択肢が多く、あなたの撮影に合ったものを選ぶことができます。

001

さらに風切りスクリーン「ウィンドキラー」もご紹介しました!
強風をウィンドキラーが75%カット、通り抜ける風はわずか25%になります。
風を0%にカットしてしまうと、不自然に止められた風は前方向に竜巻のような渦を作り、結局被写体に大きく影響を与える風が発生します。

撮影に支障をきたす強風を和らげるウィンドキラーを使えば、例えばムービー撮影でステディカムのような風の影響を受けやすいカメラ機材、同録で風の音を大きく拾ってしまう時、モデルの髪や衣装をなびかせる風を弱めたい時、様々な場面で頼れるアイテムです!

002

また、最大2億画素を実現するハッセルブラッドH5D-200MSの撮影体験も行いました!
2億画素は拡大しても繊細な質感が維持されます。
撮った写真を見た方は必ず「おおっ!」といった驚きの声を上げてしまうくらいのものです。
すごいです、ハッセルブラッド。
そんな一枚が撮れるH5D-200MSを、弊社ではレンタルすることができます!
レンズも数多く取り揃えておりますので是非ご利用ください。

そして、オープンスタジオ恒例のアウトレットセールを開催しました。
現在も多くのフォトグラファーから愛用されているグラフィットA4が380,000円で販売されるなど、びっくりなお値段で販売致しました!
電源部のみならず、アンブレラやソフトボックスなどのアクセサリー類も数多く取り揃えておりました。こちらは何と半額!

「こんなセールやっていることを知ってたら参加したのに…」そんな風にお考えの方がいるか思います。
でも大丈夫、弊社ではお客様にイベント情報やその他のお得な情報を随時DMで配信しております!
こちらから「DM希望」と登録していただければ、見逃すことなくチェックいただけます。

これからもためになる製品の紹介やアウトレットセールをオープンスタジオで開催いたします!
次回のオープンスタジオは4月18日(金)17:00~の開催!

来場予約者特典の抽選会も行っておりますので、お時間の都合のつく方はお早めお気軽にご予約下さい!
お問合せは メールフォーム または E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 TEL 0120-862-886 まで

2月13日(木)~2月16日(日)、パシフィコ横浜にてカメラと映像の情報発信イベント「CP+」が開催され、アガイ商事では撮影にまつわる全てをトータルサポートしたいという思いから色々な製品を展示しました。

CP+ 2014

メインはハッセルブラッドとブロンカラーのベストコンビネーション。
今回はブースの一角に新製品のパラ133をメインライトに撮影スペースを設け、実際に体験してもらいました。
みなさん、せっかくの機会だからと自由に試していました~。

CP+ 2014

そして、そして!!
人気があったのがドイツ製 自由雲台とカーボン三脚のFLM
CP+ 2014

お客様がひっきりなしにいらっしゃり、説明しながら実機を触ってもらっている間に、他の方に説明と、スタッフも嬉しい悲鳴をあげていました。
カタログも底を尽いてしまいました。お渡し出来なかった方申し訳ありませんでした。
CP+ 2014

エプソンブースでは、写真をプリントすることを楽しんでもらおうと発足したFAP(Fine Art Print)主催のセミナーにフルボで参加。

CP+ 2014

CP+ 2014
キャンパス地が特徴的な「テクスチャーN光沢」に適切な写真はどのようなものか、特徴とともにご紹介しました。

と盛りだくさんのCP+でしたが、残念ながら土曜日は雪と交通機関の乱れの中止となってしまいました。
そのため2/21(金)にアガイ商事のショールームにてAfter CP+を開催します!!


CP+に行きたかったけど、雪のため行けなかった!
話をもう少し詳しく聞いてみたい!
他のブースに時間を取られて行けなかった!
そんな方に最適なイベントになっていますので、ぜひおこしくださいませ~
詳しくはこちらをクリック

大雪に見舞われたこの週末、日本とスイス国交150周年を祝うスイス・デイズが六本木ヒルズアリーナで開催されました。

スイスワイン、ラクレットなどのチーズ、チョコレート、おいしいスイス文化や音楽が楽しめたスイスデイズのレポート続きはスイスワインwebサイトへ

3/15(土)開催、写真用品専門メーカー7社合同展示会&セミナー 「フォトアクセサリー・ビレッジ 2014」関西(会場:日本写真映像専門学校)にアガイ商事も参加します。

PAV2014

“写真が上手くなる「写真用品の活用術」”を専門メーカーが直伝します!
PAV は写真用品専門メーカーの専門スタッフがセミナーや製品説明を通して、各社の製品を活用する上でのワンポイントアドバイスやテクニックをご紹介し、写真の上達に役立てていただく事を目的としたイベントです。昨年 10 月の東京開催では、多くのお客様にご来場いただき、たくさんのご満足の声をお寄せ頂きました。

今回の開催は PAV 第 2 弾として、出展社数は前回の5社から7社へと増え、規模もスケールアップしての開催となります。

この度の関西開催は、写真文化を担う人材を数多く輩出する「日本写真映像専門学校」(大阪市東住吉区)の全面的なご協力により実現いたしました。 学校内の各教室、スタジオが各メーカーに割り振られ、各社独自のセミナー、展示が行われます。セミナーは基本的に1 講座 50 分で、講座終了後の 10 分間の休憩時間中に各メーカー間を自由に移動できます。

セミナーのお申し込みは無料となります。タイムテーブルをご確認の上、受講希望のセミナーを選択してお申込みください。詳しくは各社ホームページまたはお申込みページをご参照お願いします。

開催日程:
2014 年 3 月 15 日(土) 9:30~16:30
※9:15 より受付開始。

開催場所:
学校法人 日本写真映像専門学校
住所:大阪市東住吉区矢田1丁目 5-9
※お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

入場料 : 無料(但し、各社主催セミナーのいずれか1講座以上にお申込み下さい)

セミナー受講料 :無料

セミナーお申し込み方法: お申込みページよりお願いします。

セミナー申し込み開始日 : 2 月 5 日(水)正午より

出展製品: カラーマネージメントモニター、ストロボ、露出計/カラーメーター、モニターキャリブレーションツール、RAW 現像ソフト、プリントペーパーなど ※販売は行いません。

イベント: 露出計診断(セコニック)、CCD クリーニング&メンテナンス相談(PDA GALLOP)、出展コーナー内各社イベント、セミナー

・出展ブース情報

会社名/教室 展示内容
イメージビジョン
PCルーム(3F)
Spyderシリーズのカメラソリューションシステム、キャリブレーションシステムの展示、ストロボ用アクセサリーROGUEシリーズを全て展示試して頂けます。
市川ソフトラボラトリー
301教室 (3F)
シリーズ最新版となるSILKYPIX DSP6の実機展示や使い方などのご相談も承ります。また、様々な用紙に合わせて調整されたプリントサンプルも展示。
セコニック
205(2F)
セコニックの露出計、カラーメーターやアクセサリーなどフルラインナップを展示。お持ちのセコニック製露出計をご持参いただければ無料点検もいたします。
PDA GALLOP
204(2F)
プロカメラマン専門、キヤノン専門のメンテナンス・プロショップです。当日はCCDクリーニングを無料で実施し、機材相談にもお答え致します。
アガイ商事
スタジオ(実習棟)
ドイツ製レフ板「サンバウンス」、ストラップ「サンスナイパー」、高精度自由雲台「FLM」などアクセサリーを多数展示。憧れのブロンやハッセルブラッドにも触れるかも。(常時展示)
ニッシンジャパン
スタジオ (実習棟)
「Di700」、高耐熱「MG8000」、マクロリング「MF18」などの直販限定モデルを直接手に触れてお試しいただける絶好の機会!専門のスタッフがご質問に丁寧にお答えします。(常時展示)

※フォトアクセサリー・ビレッジ追加情報はFacebookページを御覧ください。
セミナーチケットの販売状況、セミナー情報詳細などを投稿しております。

<セミナー情報> 
セミナー情報PDFをダウンロード

チケットお申込みに関するお問い合わせ窓口:ニッシンジャパン株式会社 03-5345-8452

出展内容・セミナー内容に関する各社お問合せ窓口:
・アガイ商事株式会社 0120-862-886
・株式会社市川ソフトラボラトリー 043-296-8075
・イメージビジョン株式会社 03-5738-2230
・EIZO株式会社 0120-956-812
・株式会社セコニック 03-3978-2366
・ニッシンジャパン株式会社 03-5345-8452
・株式会社PDA GALLOP 06-6441-7535

年も明けて寒さも一層厳しくなった1/18(土)、池袋ブロンスタジオにて「最高級のカメラとストロボで撮る 魚住誠一先生のポートレートセミナー」が開催されました。

魚住さんセミナー

ハッセルブラッド×ブロンカラーという、なかなか体験できない最高級機材での撮影、加えて各メディアにひっぱりだこの魚住さんが講師とあり、4部構成ではありましたが各部とも大人気で、非常に多くのお客様にご参加いただくことが出来ました。

魚住さんセミナー

モデルは関 綾乃さん(スペースクラフト)と
魚住さんセミナー
http://spacecraft.co.jp/model/profile/seki.html

斉藤 翠さん(スペースクラフト)
魚住さんセミナー
http://spacecraft.co.jp/model/profile/saito.html

魚住先生から今回使用の機材とその意図の説明があり、2グループに分かれて撮影開始。

白バック、スコロとパラで全体に回すことをメインにし、よりプロの現場を目指したセットと、
魚住さんセミナー

バッテリーストロボのムーブで、ロケでの実地撮影を意識したライトなセットの2種類。
魚住さんセミナー
ライトのみならずポージングの指示の仕方など、魚住先生の懇切丁寧な直接指導に、参加者の皆さんも熱心に聞き入っていました。

魚住さんセミナー
ハッセルブラッドH5Dも大好評。
持った瞬間「重い!」と皆さん言っていましたが、切った瞬間のシャッター音に酔いしれていました。
「デジタルではなく、久々にカメラを使った気がする」という声も。

魚住さんセミナー
撮影した画像はその場で、インクジェットペーパー「フルボ」にプリント。
その場でブロンの高精度な光、ハッセルの高画質を体感いただきました。

また1Fショールームではアウトレットセールも実施。
掘り出し物が手に入ったお客様も…?

「もっとストロボ撮影を普及させたい!」という思いから始まった今回のセミナー、非常に多くの写真家の皆さんにその良さを届けられたかなと思います。
講師を務めてくださった魚住さん、ご参加くださった皆さん、どうもありがとうございました。
次回もご期待ください!

アガイ商事なら、ハッセルブラッド×ブロンカラーのベストコンビネーションを軸に、入力から出力まで、トータルでサポートいたします。
気になった製品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


クリスマスや忘年会、お年賀のお土産に、知る人ぞ知る希少で良質なスイスワインは いかがですか?

おいしいスイスワインを、ご自宅で、贈答に、ぜひご賞味下さい。

スイスワインとは??
山や急斜面の多いスイスでは寒暖の差があり良質なスイスワインが作られています。
品質レベルを保つため生産数や輸出量も僅かな希少価値の高いスイスワインを直輸入しました。

【お客様の声より】—————–
・白ワイン、赤ワインをいただきました。
スイスの友人からスイスワインの自慢話を聞かされたことがあり興味を持っていました。
白も赤も癖が無くて飲み易く、特に白ワインは爽やかで楽しませていただきました。

・第一印象は、非常に緻密なボディ感があって、水っぽさは微塵もありません。
透明感がありながら、葡萄の酸味と香りが濃厚で、かつ仄かな甘みがありました。
たとえると「琥珀」の葡萄バージョンのような質感かも。
2000円以下くらいの有機ワインに見られるような日向っぽさや雑味がありません。
価格に見合ったクオリティがあると思いますし、非常に好みのテイストでした。

・親族のワインパーティの目玉に持っていきました。
ぶどうの品種も珍しく、これまでにあまり味わったことのない味だと、高評価でした。
——————————–

赤白2本セット

または有機赤を1本

以上の特別セットをご用意いたしました。
ワインは無料箱にお入れし、包装紙とリボンをかけて無料ラッピングいたします。

■ご注文方法
必要情報をお書き添えの上、メールでご注文下さい。
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 または お問合せフォームから
1:注文種類、セット数
2:お届け先住所、お名前、お電話
3:お支払先ご連絡先、お支払方法(銀行振込または代引き)
4:年齢 (未成年飲酒防止の法令により確認義務)
5:備考
贈答用の場合は請求書等を同封いたしませんのでお書き添え下さい。

■特価適用期間
2013年12月10日~2014年1月31日受注分まで

ご不明な点はいつでもお気軽にお問合せ下さい。担当:椎名
http://www.agai-jp.com/wine.html

年末年始12/28-1/5まで休業となります。
年末最終出荷は12/27(金)、年始は1/6(月)より営業致します。

寒くなると色づく、紅葉を楽しむために六義園(駒込)にいってきました。
六義園はこの時期だけ、21時まで開園しており紅葉ライトアップが見られます。

よし撮影に行こう!と思って調べたら問題がひとつ。
寺院や公園ではよくあるのですが[通路が狭いため、三脚をたてての撮影はご遠慮下さい]の文字。

でも絞ってシャッターを長時間にしてより光をとりこんで撮影したいし、三脚なしの手持ちでは辛い… と困ってしまうことありませんか?

そこで、このドイツ製の頑丈軽量なFLM三脚シリーズ[FLM一脚]を持っていくことにしました。
一脚なら、三脚のように開く手間をかけず、手持ちと変わらない時間で撮影できます。
また、ローアングルから上向きに撮影することも考えて、レベリング雲台を付けています。

カメラはcanon 5D markⅲ
一脚は縮めてストラップに下げればわずか50cmほどなので、電車での移動も楽々です。

六義園は駒込駅からすぐ。入場料金(大人300円)を払って、すっかり暗くなった園内へ。

平日夜にも関わらず、園内は多くの人で賑わっていました。
警備員が通路での三脚固定での撮影を遠慮するよう、所々で呼びかけていましたので、撮りたい時にササっと撮影できてしまう一脚の機動力が最大限に発揮されました。

カメラの絞りはf8、シャッタースピードは様子をみながら1秒くらいまで試してみました。

三脚と違い一脚なので、もちろん完全に止まるわけではありません。
なるべく体にカメラを固定して、ふるえないように頑張りながら…
そんな緊張感もまた楽しいものです。

もっと下から撮ろう、と思ったときにカメラのファインダーをのぞいたまま、右手はカメラを持ち、左手で一脚を縮めて下げていく…

こんな動作がきちんとこなせるのがFLM一脚の魅力だなと実感しました。

片手で、ちょっと緩めれば スルスルーっと伸びていき、そのスムースさは撮影時に本当に便利。
意外とこういうのって大事で、歪んでたりひっかかったりする製品だと、両手でないと伸縮できないんですよね。

暗い園内なので、手元はほとんど見えません。
一脚の足部分の石突きを、出すか出さないかも繰り出し式のFLM一脚なら、その操作も一瞬です。
キャップタイプのようなものだと、どこかで失くしてしまいそうですしね。

六義園のライトアップは今年は12/8(日)まで実施されているそうです。

皆さんもぜひ、FLM一脚とカメラを持って夜景撮影に出かけてみてはいかがでしょうか?

ドイツ製の高機能三脚&カメラ雲台 FLMエフエルエム http://www.flm-japan.com/
アガイ商事(株)で販売やレンタルもしていますのでお気軽にお問合せ下さい。

毎月開催の池袋オープンスタジオ、今月は第3土曜 午後に開催しました。

ブロンカラー スコロ3200Sでより早くなった閃光時間を活用して、水滴を止める撮影テストをしました。

シャッタースピード1/125 f16 ISO100
スコロ3200S 閃光時間 1/10,000秒(t0.1)

[拡大図]

早い被写体をしっかり止めたい!という撮影において、一概に水滴を止めるといっても水滴の大きさや落下の速さなどによっても、必要になる閃光の速さは変わってきます。

今回のセッティング、“グラスにワインを少しずつ注ぐ” においては1/8,000秒以上で十分に止まっていました。
スプレーを噴射するなどより細かい飛沫のときには、十分に速い閃光が必要です。

このように設定された出力値において最短の閃光時間を選び、瞬間をとめる撮影をする場合、スコロSシリーズ、ムーブ1200Lなどがお勧めです。
(スコロEシリーズや、グラフィットAでも設定値に違いはありますが可能です)

では、スコロSシリーズならではの別のカットも撮り、比較してみます。
先ほどの作例と“カメラの設定”“ストロボの出力”を全く変えずに、“閃光時間”のみ変更します。

シャッタースピード1/125 f16 ISO100
スコロ3200S 閃光時間 1/375秒(t0.1)

[拡大図]

色が違うのは

閃光時間が早い→色温度が高くなる→青い
閃光時間が遅い→色温度が低くなる→赤い という違いのためです。

長い閃光のため、水滴は止まらずにブレていますね。
わかりやすいよう極端な例をだしましたが、例えば羽根や雪のようにふわふわとしたものが落下するとき、早すぎる閃光よりも少しだけ遅い閃光を使うほうが、よりふわっと落ちる様子が写真に表現できます。

閃光の速さで被写体の特徴を捉える!スコロなら簡単設定なのでぜひお試しください。

※関連記事 閃光時間t0.1とt0.5の数値の違い
※2h 6,000円~ ブロンスタジオのレンタル


ボックスライトなど、ライティングも色々試しました。 ↑ フチの光のラインをボックスライトで

新型パラや、スタロなどの人物撮影テストコーナーや、型落ち品のアウトレットセールも好評でした!

来月の企画もお楽しみに!

l download

l mail

l campaign

l tax