取扱製品取扱製品

空撮

空撮
Phase Oneは、街並みの変化を子細に記録する超高精細空撮ソリューションを提供しています。
詳細はメーカーサイトをご覧ください。
http://industrial.phaseone.com/

アーカイブ(CULTURAL HERITAGE)

文化遺産の画像化
文化遺産の画像化
文化遺産の画像化は、将来のために過去を保存するという考えが根本にあります。 美術館や図書館における歴史コレクションのデジタル化の要求は、将来のための公共アクセス、研究そして情報の保存に焦点が当てられることが増すと同時に急速に高まっています。 貴重なコレクションを所有する組織では、資料の写真撮影のために専門の写真スタジオを備えていたり、研究員や学者のために紙のコピーを作成して、オリジナルが摩耗したり損傷しないように保護しています。 将来のために過去を保存することは時間との闘いです。資料が失われるまでの寿命は限られているので、素早くキャプチャできるというソリューションは必要だけでなく極めて重要です。

すべての文化遺産のコレクションは独自性があり広範囲にわたります。 この広範囲という特徴に取り組むため、Phase Oneは特別で独自のソリューションの開発、実施、および遂行に投資し、最高の出力品質を得られるように工夫し、同時に資料の安全性と効率的な作業プロセスを保証します。 Phase Oneの文化遺産ソリューションは以下に列挙するコレクションの異なるタイプを対象としています。
アプリケーション
アーカイブとマニュスクリプト
アーカイブとマニュスクリプト
アーカイブとマニュスクリプトには、文書、絵、地図、マニュスクリプト、写真、新聞、楽譜、書簡、はがきなどの様々なサイズや形状のフラットな対象物が含まれます。
このタイプの著作物では「設定するだけの」ワークフローが必要で、これはカメラとソフトウェアが設定されると、ほとんどのフラットな対象物は、高解像度で正確、一定の色と明度で素早く記録できます。
Phase One Digital Backsの高解像度によって、より小さい対象物も同時にキャプチャできるので、スピードと効率が増します。
希少本
希少本
文化遺産コミュニティの大きな役割は、書籍などの希少で傷みやすい製本物のデジタル化を行うことです。 書籍のデジタル化では、製本に特に注意が求められます。傷みやすいので、どのように取り扱うかを判断する必要があります。 これはキャプチャを素早く行いたい場合の限定要因となることがあります。
複写台で焦点を固定するためにカメラセットと共に平らなガラスプレートを使用すると、キャプチャプロセスを加速でき、1台または2台のカメラで同時に見開き両方のページを撮影すると生産性も増します。
透明フィルムとガラスプレート原板
透明フィルムとガラスプレート原板
このタイプのコレクションには、35mm固定スライド、マイクロフィルム、および全ての他の透明素材を含む、ビンテージガラスプレート原板、中判および大判原板、透明フィルムが含まれます。
良好な色の再現性がある素材の均一な照明が不可欠であるので、全ての色情報は処理中に取得でき、場合によってはネガからポジに画像を変換することが含まれます。
スキャニングで中判キャプチャを即座に行う上で高速であるというメリットがあるので、300以上の倍数で処理をスピードアップできます。
美術品
美術品
彫刻、陶器、装飾品、および絵画などの3Dおよび大きなフラットな対象物のコレクションは、写真スタジオ、ギャラリーおよび展示ホールで三脚を使い、理想的には対象物の特徴や学芸員の求めに適合した均一な光源でキャプチャされます。
SLRタイプに基づくか、傾斜とシフト移動機能があるビューカメラのいずれかで、中判カメラの解像度を使用して最高の結果が常に得られます。 最高速のワークフローソリューションは、市場における最高解像度のセンサーを使用できるPhase One XFなどのカメラシステムで構成され、柔軟な設定でより詳細かつ精度が高い色をキャプチャできます。
マルチスペクトル画像化
マルチスペクトル画像化
狭帯域の光源フィルターと特殊画像化処理を組み合わせたマルチスペクトル光源システムは、傷みやすいまたは通常の光環境下で目に見えない劣化が生じる素材の情報を取得および発見するために使用できます。 これによって、研究と保存プロセスのための貴重なデータが得られます。
狭帯域のアクロマート画像とともに幅広い色のスペクトルをキャプチャできるPhase Oneは、数多くの独自のカメラソリューションを提供します。
特別なデジタル化
特別なデジタル化
様々な種類の傷や劣化のため傷つきやすく取り扱いに注意が必要な多くの対象物は、人が触れただけでも敏感であり、十分な注意が求められます。 高解像度、高精度のカメラと光学を使用することで、研究者や学者は非侵略的な調査と分析を最小限または過度な光源または化学物質に晒すことなく行ったり、伝統的な画像化技法で取得できないデータを引き出すことができます。
高度な写真測量法と画像分析、そして計算ツールを組み合わせた3Dスキャニングは、歴史的な対象物の損傷を計測および評価するために使用されます。 同じ技術が、貴重な彫刻や美術品の複製を作成するために使用されます。

l download

l mail

l campaign

l tax