修理修理

オーバーホール/定期メンテナンスをおすすめする理由

1 故障防止、隠れ故障の早期発見
機材の消耗・不具合を早い段階で検知し保全することで故障を未然に防止し、常にベストな状態でご使用いただけます。分解してみないとわからない故障(通称:隠れ故障)の発見にも繋がります。
機材が動作しなくなるほど故障してしまうと修理にかかる時間や費用が増えてしまいますので、大きな故障前に対処できることで費用がかさむことを抑えることができます。

2 パフォーマンス・安全性の向上
電気製品は使用していると内部に埃が蓄積します。通常のご使用であっても、細かな振動や衝撃によってネジが緩んだり内部コネクタが接触不良を起こしたりします。見た目にはきちんと動いているように見えても実は前述のような小さな不具合が蓄積していて ある日突然動作しない、というトラブルを防止することができます。

3 製品寿命の長期化
故障率を低下させベストな状態でご利用いただくことで、製品をより長い期間安心してご使用いただけます。購入後3年経過した製品は実施を推奨、その後も定期的に半年に一度のオーバーホールを推奨しております。


2020年6月末までオーバーホール5%お値引きキャンペーン実施中

オーバーホールとは

機材を全分解し、清掃および機器内部の全点検を行います。

主な作業内容
・各種機能の動作確認
・各種測定(電圧、色温度、f値等)
・分解点検
・内部、外部クリーニング
・ネジの締め具合の確認、劣化したネジの交換
・その他(対象機材に応じて)

 <分解、機材内部の一例>

  

 

保証とレポート

作業完了後に、[オーバーホールレポート]をお渡しいたしますので、より詳しく機器の状態を確認いただくことができます。
また、オーバーホール実施後は6ヶ月の品質保証をいたします。
正常なご利用状態で保証期間中に故障した場合には、工賃無償(パーツ代のみ実費)にて修理対応いたします。(可動部、消耗品、お客様過失での故障は保証対象外となります)

ストロボ・HMI機器は研修を受けた専任の技術者が修理やオーバーホールを実施しています。お客様自身での分解や修理は大変危険ですのでお止め下さい。

オーバーホール作業内容・価格表

対象商品 主な作業内容

価格(税別)

ストロボ
ジェネレーター

・各種機能の動作確認
・ファームウェアVer確認、アップデート
・分解点検、充電圧測定(平均値)
・内部、外部清掃
・ネジの締め具合の確認、劣化の激しいネジの交換
・摩耗部品(台座脚、取っ手、キースイッチ等)の点検

18,000円
ストロボ
ランプヘッド

・各部動作確認(点検、発光、ファンモータ)
・分解点検
・内部、外部清掃
・色温度、f値測定
・消耗品(ヒューズ、フラッシュチューブ、モデリングランプ等)の確認
・ネジの締め具合の確認、劣化の激しいネジの交換

10,800円
HMI
バラスト
・各部動作確認
・分解点検
・内部、外部清掃
・ネジの締め具合の確認、劣化の激しいネジの交換
・ヒューズ、ヒューズソケットの劣化具合の確認
・防滴材の交換(防滴仕様の場合)

18,000円
HMIヘッド
(HMI F575.800)
・各部動作確認
・色温度、フリッカー値測定
・分解点検
・内部、外部清掃
・消耗品類(バルブ、ヒューズ)の確認
・ネジの締め具合の確認、劣化の激しいネジの交換
10,800円
HMIヘッド
(DW,F200,F400,F800)
・各部動作確認
・色温度、フリッカー値測定
・分解点検
・内部、外部清掃
・消耗品類(バルブ、ヒューズ)の確認
・ネジの締め具合の確認、劣化の激しいネジの交換
・リフレクター、レンズの清掃
[オプション]防滴シール材の交換(+3,000円)
10,800円
アクセサリー ・動作確認
・外部、内部点検、清掃
・Verの確認、VerUP(対象製品)
お問合せ

 ※点検中に故障個所を発見した場合、修理扱いに切替わり修理工賃とパーツ代を頂戴いたします。(別途お見積り致します。)

オーバーホールのご依頼・お問合せ

アガイ商事カスタマーサービス部が承ります。
まず機種名・台数・その他ご要望をメールフォームよりお送りください。折返し担当より、受付内容やお見積についてご連絡いたします。

修理・オーバーホール依頼品の発送送料(往復)は原則お客様負担となります。※東京23区内は弊社デリバリー便での無料引取りのご相談も承ります。ご依頼メールにお書き添え下さい。
また池袋ショールーム店頭にご自身でお持ち込みいただける場合、往復で来店割引10%さらにお値引きいたします(現金/銀行振込/paypayのみ適用。カード払いの場合は対象外)

大量の機材を点検したい場合、カスタマーサービス部がお客様のスタジオにお伺いして点検実施する出張サービスもございますのでお問合せください。


スコロ3200SとパルソGヘッドを例にオーバーホールの内容を紹介します。


 スコロ3200S:

1) プレチェック
2) 内部点検清掃
3) パワー基板などの点検
4) 充電電圧をテスターで点検
5) 外観チェック
6) 総合チェック(操作など)

 

<テスターで点検>
overhaul1

 パルソGヘッド:

1) プレチェック
2) 内部点検清掃
3) モデリングランプチェック
4) フラッシュチューブチェック
5) 色温度チェック
6) 総合チェック(操作など)


<内部電装部チェックの様子>

overhaul2



l download

l mail

l campaign

l tax