ブログ

去る2018/12/21(金)開催のアガイ商事池袋オープンスタジオは、新製品発表会&忘年会を行いました。

新製品発表会、まず最初はブロンカラー新製品『LED F160』の日本初お披露目とデモンストレーション!!


実機デモンストレーションをしながら、製品のスペック、パフォーマンスをご紹介しました。
光の質に長年こだわってきたブロンカラー待望の新製品LEDとあって皆様の関心度も高く、製品紹介を終えると実機を手にとり、多くの方がその性能を確かめていました。





『LED F160』はこのオープンスタジオから先行予約を開始しました。
※ご購入予約ご希望の方はこちらからどうぞ。

続いては、セコニックの新製品、スペクトロマスター『C-800』の発表です!





アカデミー賞の選考元である映画芸術科学アカデミーをはじめ、ハリウッドを代表するASC(アメリカン・ソサイエティ・オブ・シネマトグラファー)やフォトグラファー、照明メーカーからのさまざまな要望を元に4つの演色評価モードを搭載、各種のデータ比較も可能となりました。
『C-800』はこのオープンスタジオの日に出荷開始となりました。
アガイオンラインショップでもお取扱いしております!

最後に、Phase One JapanよりCapture One 12の新機能紹介とPhase One IQ 4のリリース発表!!





皆様へCapture One 12の各種新機能と、様々な機能がブラッシュアップされた高性能デジタルバックのIQ4をご紹介しました。




新製品の発表が終わった所で、ご来場特典♪大抽選会を行いました。
アガイ商事扱いのLED製品やカメラストラップや撮影用アクセサリーから、各メーカーのノベルティなど足を運んでくださった皆様に一足早いクリスマスプレゼント!(^^)!
たくさんの皆様に喜んでいただきました。





そして忘年会として、日頃の感謝をこめて弊社自慢のスイスワインを振る舞いました。





お酒も飲みつつ、新製品について質問もたくさんいただき、また参加者同士での交流の場にもなり、皆様にも大変喜んでいただきました。


また1階ショールームでは機材展示およびアウトレットコーナーを設けました。
当日限りの大特価、来て見てびっくりなお得なお買い物を楽しんでいただきました!



今回残念ながら来場できなかった方で新製品についてのご質問等がありましたら、アガイ商事までお気軽にお問い合わせください。
また、来年もこうした形で、毎回テーマを変えオープンスタジオを定期的に開催していきますので、ぜひお越しくださいませ。

皆様、今年もありがとうございました。来年もアガイ商事をよろしくお願い致します。
※次回のオープンスタジオ開催は、2019年1月25日(金)です。

12月1日(土)、東京は渋谷の日本写真芸術専門学校にてフォトアクセサリー・ビレッジ(PAV)2018東京が開催され、アガイ商事も出展いたしました。


今回も、大好評パネルLEDレンズマウントアダプター「フォトディオックス」と、スイス製「ブロンカラー」の高性能モノブロックストロボ・シロスを中心に、高コスパ用品プライベートブランド「ミリオン」、ムービー三脚「イーイメージ」を展示しました。


連結して収納・運搬可能なクーポ製クリックスタンドシリーズや、着せ替えて色を切り替えられるミリオン 5 in 1 ダブルハンドルレフ板など、多くのお問合せをいただきました。

今回もインクジェット写真プリント体験コーナーを設置、各社から説明を受けつつ、ご自身の作品にあった用紙を選び、プリント体験をしていただきました。アガイ商事もシール・マスタークラスフルボのスイス製インクジェット用紙をご用意。

 
当イベント自体は何度か開催していますが、東京でのインクジェット体験会は初ということもあり、いつもより多くのお客様に体験いただきました。

セミナーでは、「今からはじめるLEDライティング」と題し、フォトディオックスLEDを中心に、LEDと他のライトとの違いや特徴をご説明。増えては来ているけどよくわからず、二の足を踏んでいた、という声も多く、「いい話が聞けた」とのお声も頂戴しました。

アガイ商事では、定期開催のオープンスタジオも含め各種イベントに参加・出展しています。
今回お越しいただけなかった方も、是非次回はご来場ください!

駐日スイス大使夫妻主催スイス・ヴォー州ワイン試飲レセプションにお招きいただき、スイス大使館に行ってきました。

IMG 8889
西スイスのフランス語圏に属するヴォー州(Vaud)、ユネスコ世界遺産で有名なワインの産地「ラヴォー地区(Lavaux)」のワイナリー8箇所からおいしいワインの振る舞い。


IMG 8888

ラヴォー地区のシャスラは本当に美味しい…!
ローザンヌから眺めるレマン湖の美しさを思い出すような綺麗な味わいです。


レマン湖の上にのびるぶどう畑の丘陵が美しい風景で有名なラヴォー地区Lavaux。
3つの太陽がおいしいワインを作ると言われています。
1:丘陵地帯にふりそそぐ太陽光
2:きらめくレマン湖からの湖面反射
3:地中にうまった石垣の輻射熱が夜間の温度低下を防ぐ

ぶどう農家が暮らす小さな村が織り成す景観の美しさだけではなく、ワインづくりの長い伝統と歴史を評価され、2007年に文化遺産として登録されました。


IMG 8890 IMG 8886

スイス大使館ワインテイスティングレセプション レポート
 http://swisswineblog.blogspot.com/2018/11/blog-post.html



ラヴォー地区で作られるシャスラ‎は非常に希少で、小さな畑で作っているので生産は少量なのにミシュランのレストランなど高級店から名指しで予約注文されているので、購入すること自体が困難なんです。

↓↓ 贈答品や記念日のディナー、パーティーなどにぜひ ↓↓

◎アガイ商事ではこのラヴォーLavauxのシャスラを直輸入契約して販売しています

現在、ラベル多少汚れありの特価品(ご自宅用)も販売しておりお得です。
http://www.agai-shop.com/products/list.php?category_id=9

2018.11.8(木)キャンバスプリントを飾ろう 木製パネルワークショップ開催レポート



canvas

2018/11/8 エプソン イメージングギャラリー エプサイト(新宿)バラエティ講座にて、SIHL MSTERCLASS マットフォトキャンバスにプリントし作品をつくるワークショップを開催いたしました。

SHIL

ワークショップご案内詳細→
http://www.agai-jp.com/information/news/2018/1532-20181108sihl-canvas-epsite.html

181108 1

スイス製 シール マスタークラスには、作品づくりに適したインクジェット用紙が揃っています。
なかでも一番ユニークな【マットフォト キャンバス】に、“EPSON SC-PX 5VⅡ”でご自身の写真をプリント。
木製フレームに貼り付けし、作品をつくる手順を1つずつ解説して体験していただきました。

181108 2

SIHLのマットフォトキャンバスは、発色がとてもキレイ!滲みがないので仕上がりがぐっと締まります。



181108 3

プリントするときの注意点、
EPSON Print Layoutを使った便利なプリント方法についてご紹介。

181108 5

高い紙はプリントで失敗したくないですよね…
厚手のファインアート用紙や、このマットフォトキャンバスのように厚手のメディアにプリントするときにはEPSONプロセレクション機がお勧め。

181108 4c

手差し給紙&用紙厚の設定をすればスムースに給紙されて、プリンターメーカー純正紙ではないこのような他社製ファインアート用紙もうまくプリントすることができます。

181108 6

プリントするメディアにあわせて一部レタッチをして暗いところをおこしてあげたり、ちょっとしたひと手間で結果が変わってきます。
お客様と対話しながらプリントまで仕上げられるのも、こういったワークショップの良さですね。

皆様とても写真が上手で 作品への思い入れやこだわりをしっかりお持ちだったので、初めてのキャンバスプリントへの期待感が高まります。


そして皆様の写真を、キャンバスにプリント!
やわらかな手触りに、ずっと触っていたくなるような愛着がわきます。

このプリントの裏面に、簡易的に作品づくりが楽しめる ILFORDのGoframeゴーフレームを用いて木製バーを貼り付けていきます。

181108 7c


組み立てはとっても簡単。
両面テープが予め貼られた木製バーと、コーナーフレームのセットなのでプリント裏面への貼付けに失敗がありません。

流れを少しだけ紹介↓↓

3a 
▲EPSON Print Layoutでフチの部分に鏡像(塗り足し部分に反転画像)もすぐ作れるので便利にプリント

2 3 4
▲器用ではない私でも簡単に組み立てできました


181108 8

そしてキャンバスプリント作品が完成!

手描きの絵画かな…? え?写真?? という目の錯覚も生まれて、じっくり眺めたくなるプリントが仕上がりました。
自分の作品の仕上がりに「これは良いね!!」と喜びの声が多数きけて、とても良いワークショップの機会となりました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


市場で販売している写真用のインクジェットキャンバスは業者向けの大判ロールが一般的で、A4、A3ノビサイズの単票紙で購入できるメーカーは他にありません。

今回のキットはアガイオンラインショップで販売していますので、ぜひご自身の写真データで作品づくりにチャレンジしてください。
ワークショップの内容はいつでもご説明いたしますので、アガイ商事椎名までお気軽にお問い合わせください。


SIHL MASTERCLASS マットフォトキャンバスでプリントして、さらに楽しい作品づくりを♪





ブロンカラー新製品の情報も満載、フォトキナ2018視察ツアーのレポートを公開しました。

http://www.agai-jp.com/event/tour-info/pastshow-report/1534-photokina2018repo.html

↑↑↑↑ ぜひご覧下さい ↑↑↑↑

bron2

去る2018.9.21(金)のオープンスタジオは池袋アガイショールームにて大特価アウトレットセールを開催しました。

アウトレットではbroncolor旧シリーズジェネレーターや旧カラーバージョンのリフレクター、生産完了となったVISATECのモノブロックストロボやkobold全天候型HMIライトセットをはじめ、当日限りで弊社取扱いのカメラバッテリー/チャージャー ヘーネルや動画用三脚雲台カメラバッグ E-IMAGEなど多数取り揃えました。




その他、レンタル・デモ展示品のアンブレラやソフトボックスやカラーフィルタ-などお買い得な撮影用品をまとめたお買い得BOXのコーナーも盛況でした。



あいにくの雨降りでのアウトレットセールでしたが、開場前からお待ち頂き、多くのお客様のご来店がございました。実際に手に取りお試し頂くことでご納得のいくご購入になったと思います!

「残念ながら今回は行けなかった…」というお客様!
アガイオンラインショップにもアウトレットコーナーがあり、お買い得な商品を随時掲載しております。
是非ご覧ください。

アガイ商事では毎月オープンスタジオとして各種イベントを企画しております。
次回のオープンスタジオ開催予定は12/21(金)です。皆様のご来場お待ちしております。

2018.8.24(金)のオープンスタジオは、
「アガイ商事サマービアパーティー お客様感謝大納涼会」
と題し、日頃の感謝を込めて屋上テラスでパーティーを行いました。

 

納涼会

屋上テラスには2018年注目の新製品を中心に、各種照明機材を展示。
中でもフォトディオックス製・ワイドパネルW30」はご来場いただいた皆様の注目を集めました。



フォトディオックス・ワイドパネル「W30」は、LED照明では最大となる照射角180°を実現。
均一な面光源のフォトディオックスを曲げることで、より広い範囲を照射できるようになりました。



当日は直前まで接近していた台風の影響も心配されましたが、無事晴れて屋上での開催となりました。
台風の通り過ぎた澄んだ空は、夕方になると夕焼けになって、綺麗なグラデーションを描き出しました。

屋上テラスは、そんな綺麗な空を背景に撮影が出来るようお貸出しも行っております。
台風も落ち着くこれからのシーズン、涼しくなってきて特におススメです。
お貸出しの料金や詳細については、レンタルのページもあわせてご参照ください。

アガイ商事では毎月オープンスタジオとして各種イベントを企画しております。
「今回は参加しにくかった…」というようなお客様も、次回ご都合がつく際には
是非お気軽にご参加ください!お待ちしております。

2018.7.21(土)のオープンスタジオは、

東京・銀座で、高品質のインクジェットプリントと額装サービスを提供しているアフロアトリエ(株式会社アフロ)のプリンティングディレクター・レタッチャーによる、プリントに関する知識が学べる無料セミナー&ワークショップを開催しました。


001

「レタッチャーによるプリントに向けてのテクニック講座」講師:古賀康行さん
では、お客様から事前にお送りいただいた写真データを、より強調したい表現のポイントなどを聞きながらその場で公開レタッチを行いました。


camera RAWフィルターの活用や、色の濃度は明るくするよりも暗くすることで濃く出てくることや、ノイズをわずか1%のせることで全体的なイメージが変わってくることなど、その場で様々なテクニックを披露してもらいました。

カメラマンと対話型で、イメージを共有しながら作り上げていく過程をみせてもらい、親身に作品づくりをサポートしているアフロアトリエの皆さんのお仕事の様子が感じられました。

いまアフロアトリエではキャンペーン中でプリントがお得な価格で頼めるそうなので、作品展やポートフォリオなどプリントを頼もうか迷ってる方はぜひ相談してみてください!



「プリンティングディレクターと紙選び・プリント体験コーナー」では、講師:白井里美さんと西田勇さん
による、作品イメージにあわせた紙選びのポイントをご紹介。

002


003


モニターはEIZO ColorEdge  CG277 を使いました。
キャリブレーションセンサー内蔵のお勧め機種で、アガイ商事でも販売中です。

プリンターは
EPSON SC-PX5VⅡと、CANON imagePROGRAF PRO-1000
どちらもファインアート用紙のプリントもできる機種で、マット系の用紙もきれいにプリントできます。


004


ポートフォリオレビュー

参加者の持ち込みしたプリントをみながら、
プリントの魅せ方、紙の選び方などをわいわいと話して意見交換をしました。


写真用紙は「SIHL MASTERCLASS シールマスタークラス

お持ちいただいた写真データを、シールマスタークラスのお好みの用紙(A4)にプリント体験。

「いつもはこういったタイプの紙は使わないけど、メタリックパールのパール感のある光沢もイイネ!」とか
「紅葉の鮮やかな色が出せなくて悩んでたら、このラスターはすごくキレイで気に入った」など

ご自身の写真でプリントしたからこそ実感できる、用紙によって表現が変わることをご体感いただきました。

 si


終了後は講師を囲んで、懇親会を開きました。
自分がいつも撮っている写真のことをお互い話して、情報交換をしたり、作品展を開きたい!など熱いトークもあったり
写真のことを熱く話しながら、冷たいビールを飲みました(笑)

毎回テーマを変えて開催している池袋オープンスタジオ、気になる製品があるときはぜひお気軽にお立寄りください。

005

5月のオープンスタジオは

★ ハッセルブラッド中判ミラーレス・X1D-50cで日中シンクロ!アクションスポーツ撮影デモンストレーション

★ 復活!ストロボクリニック

★ アウトレットセール

という豪華3本立てで開催しました。


 

アウトレットコーナーでは、数量限定で、ブロンカラーモノブロックストロボ・シロスのワケアリ品をはじめ、
生産完了となったkobold全天候型HMIライトや、VISATECモノブロックストロボなどご用意しました。

オープン前からアウトレット品をお目当てにご来場されたお客様も多く、
土曜日とあってじっくり手に取りお試し頂き、ご納得の商談で多数お買い上げ頂きました!

アウトレット品以外にも、ショールームでは弊社取り扱いの各ストロボやHMI
LEDライトやスタンドバッグなど撮影用品など多数展示しており、アウトレットと合わせてご提案をさせて頂きました。



毎回大好評をいただいております、久しぶりの復活!「ストロボクリニック」

日頃ブロンカラー製品をご愛顧いただいておりますお客様の機材を、無料で点検・オーバーホールするこの企画。
今回お持ちいただいた機材は、どれも状態の良いものばかりで丁寧に大切に使っていただいていることが分かり、大変うれしく思いました。
いい状態でもさらにより良い状態を維持するために分解清掃、各部電圧測定等を行いました。

最高の機材でも、その状態を維持するためには点検・メンテナンスをちゃんと行わないといけません。
イベントでもストロボクリニックを実施していますが、少しでも「何かちょっと調子が悪いかも…?」という状況が出てきたら、
壊れてしまう前に機材を点検にお持ち込みください。


そして、ハッセルブラッド中判ミラーレス「X1D-50c」を使った日中シンクロデモンストレーションでは、
講師にカナダ出身のアクションスポーツカメラマン:Jason Halayko(ジェイソン・ハレコ)氏を、

モデルにフリースタイルフットボールアスリート、Yu-riさんをお招きし、
アガイ商事本社屋上にて、ブロンカラーシロスLを使用した日中シンクロ撮影を行いました。


ジェイソンさんのこれまでの作品や仕事の紹介、また撮影にあたってどのような姿勢で取り組んでいるか、
大切にしていることなど、技術面のみならず、精神面、被写体とのコミュニケーションなど、ソフト的な面での必要なポイントもご説明いただきました。

X1Dはレンズシャッター採用なので、ストロボは全速同調しますが、最速1/2000秒を誇り、
日中シンクロでの撮影の際にも、NDフィルターを使わずそのスピードを利用した撮影をすることができます。

屋外でも、背景のうるささを気にせずスタジオでのライティングのような撮影をすることが出来ます。


ジェイソンさんは撮影に熱中すると、地面に寝そべって最高のアングルを探して撮影しているそうです。実際にそのシーンも見ることができました(笑)


当日は雨予報だったのですが、当日になってその心配はなくなっていました。
撮影を続けるうちに、雲の隙間から綺麗な夕陽が出てくるようになり、セミナー終了後も撮影に熱中していました。





セミナー終了後は、講師やモデルを囲んで(アガイでお馴染み)懇親会を実施。
日中シンクロやアクションスポーツ撮影のイベントはアガイでも初めての試みということもあって、
屋外での撮影や今後の日本でのアクションスポーツについて、熱く意見交換がなされました。


アガイ商事では、定期的に自社イベントを実施して、皆さんの撮影や制作のヒントやお手伝いになるようなものを提供しています。
ご都合がつきましたら、是非お気軽にご参加ください。
皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!

 

エプソンイメージングギャラリーエプサイト(新宿)にて、2018/5/11(金)~5/12(土) 2日間にわたり
FAP.JP主催のファインアート体験イベントを開催しました。 
 
180511

スイス製写真用紙「Sihl MasterClass」と「FRUBO」各写真用紙の特徴、写真用紙の選び方などを紹介しました。
 
「はじめてマットフォトキャンバス試してみたけど、自分の写真が布地にうつると風合いが変わって面白い!」
「シールの用紙はコーティングがしっかりしている」など様々な反響をいただきました。
各社の用紙のなかでFRUBOPQシルキー(絹目調)がよく出力されていました。

180512

180512 2


山や花などの風景写真など、お客様一人一人がこだわりの画像をプリント用に持って来てくださり、
様々な種類の用紙でプリントをお楽しみいただきました。
 
FullSizeRender
 
 
 
使用したプリンターはエプソンのSC-PX5VⅡ。A3ノビまで対応、用紙厚の設定ができるのでマットフォトキャンバスなど厚手の用紙でも印刷できます。EPSON  Print Layoutによる操作で用紙設定をレクチャーしながら1枚ずつプリントしました。

写真用紙は9ブランド18種類をご用意。
アガイ商事からはSIHL メタリックパールハイグロスマットフォトキャンバス
FRUBOシルキーテクスチャーをご用意いたしました。
同じデータを用紙を変えてプリントして違いを比較したり、普段印刷できない用紙でプリントに挑戦してみたり、皆さん時間いっぱいまで使ってプリント体験していただきました。
メーカーの壁を超えて用紙を検討できる機会はFAP.JPならではです。
 
 

今回紹介した写真用紙(Sihl MasterClassFRUBO)は、アガイオンラインショップからもご購入いただけます。

 
180512 3

180512 4

アガイ商事は引き続き、6/23(土)名古屋で開催されるPAV(フォトアクセサリーヴィレッジ)に出展し、こちらでもプリント体験ができます。サンプルプレゼントなど企画しておりますので、ぜひご来場ください!
 
今回イベントを開催したFAP.JPの情報は下記Facebookにてご覧いただけます。

https://ja-jp.facebook.com/fapjp/

l download

l mail

l campaign

l tax