ブログ

都内はすっかり桜のピークもすぎた4/14(金)、池袋オープンスタジオを開催しました。

 

今回は、
① 黒川隆広氏によるスチルライフ・ライティングセミナー
② ハッセルブラッドX1D タッチアンドトライ
の2本立てでお送りしました。

 

黒川さん

1つ目の企画は、ブツ撮りの大家 黒川隆広さんを講師にお招きし、
ブロンカラーモノブロックストロボ シロスと、新型スポットLED フォトディオックスJ-500を使った
商品撮影ライティングセミナー。

 

ストロボとLED。性質の違う2つのライティング機材を使い、
それぞれの利点を活かしたライティングの組み方をご説明いただきました。

セッティング

当日のセット図はこちら。
今回の被写体はハッセルブラッド・X1Dの限定版「4116 Edition」。
マットブラック塗装が映えるデザインとグリップの立体感をライティングでどう描くか、がポイントとのことです。

セミナーの様子

「1灯ずつ、それぞれに役割があり、それぞれがどのように干渉しあっているか気をつけつつ組み立てていく」と
論理的な黒川さんの説明に、参加者の皆さんも聞き入っていました。

ライティングの小道具として小さいミラーを使っていることも、「いいヒントになった」と参加者から絶賛の声が挙がっていました。

 

image-1

今回の撮影にはハッセルブラッドX1Dをテザー撮影で使用しましたが、
専用ソフト「Phocus(フォーカス)」の最新バージョンがちょうど公開され、高い安定性で撮影を続けることができました。
モニターに大画面でライブビュー表示することもでき、構図やピントを簡単に鮮明に確認できます。



ライティングを緻密に組み上げたあとの光量調節は、特にモノブロックストロボを使っている場合、
本体のダイヤルに触れただけでライトが動いてしまっては、すべてが台無しになってしまいます。
シロスはWi-Fi搭載で、端末にアプリを入れておけば手元で光量調整、スタンバイ切替やモデリングのオン/オフも切り替えられるので、
それぞれのライティング効果をすぐに簡単に確認することができます。

作例

黒川さんのライティング効果作例がこちら。
グリップの立体感、レンズの明るさ、ボディのロゴマークへの光の入り方などを配慮しながら組み立てていました。

 

説明中

黒川さんから過去の作品を用いた、ライティングはもとより、撮影についての考え方のレクチャーがあり、セミナーは終了。
終了後は講師の黒川さんとも、参加者同士でも意見を交換しあう場となりました。

 

そのまま時間を迎え、場所を移動して懇親会場でも、それぞれ写真について、いろいろな話をし遅くまで盛り上がりました。
ご参加の皆様、講師の黒川さん、どうもありがとうございました。

 

アガイ商事では、定期的にイベントを開催しています。
今回ご参加いただけなかった方も、是非次の機会にご参加ください!

 

シロスS/Lシリーズのファームウェアアップデート方法
 csm detail schrift griff.final.UR 2cfa6efb98
① ブロンカラー公式ホームページよりファームウェアのアップデートプログラムをダウンロードします。
 
 リンク:http://www.bron.ch/sirosfirmwareupdate/
  (お使いのパソコンに応じてWindowsとMacintoshから選択)

 ZIP形式にて圧縮してあります。
 Windowsの方はWindows2000以降であれば標準解凍が可能です。
 Macintoshの方はOS7以降であれば標準解凍が可能です。
 
② 解凍先にある SirosFirmwareUpdater を起動させます。
 
 ※お使いのOS、設定により、管理者権限が必要な場合があります。必ず「管理者として実行」を選んでください。
 ※お使いのOS、設定によりプログラム名が SirosFirmwareUpdater.exe と表示される場合があります。
 
1
 
 起動にしばらく時間が掛かりますが、こちらの画面が表示されます。
 
③ シロスをお使いのパソコンと接続します。
 
 シロスご購入時にマイクロUSBケーブルが付属しておりますが、それを使用してパソコンと接続します。まだ電源は入れないで下さい。
 
 ※紛失されてしまった時は・・・
  お近くの電気店などで「データ通信用マイクロUSBケーブル」をお求めください。
  スマートフォン盛期でありますため、「充電専用」のマイクロUSBケーブルもございます。お間違えの無いようご注意ください。
 
 ※マイクロUSBのジャックはシロスの取っ手下部にあります。非常に小さく、壊れやすいため、ケーブルの上下は間違えないようご注意ください。
 
 
 接続すると、パソコンがシロスを認識します。しばらく時間がかかる場合があります。認識が終わりましたらシロスの電源を入れます。
 
④ アップデートします。
 
 アップデートプログラム画面右下に表示がある SCAN FOR DEVICES をクリック
 自動でお使いのシロスのバージョンを認識し、最新のファームウェアが選択されます。
 
2
 
 アップデートが必要なシロスでは若干文面が変わりますが、このような画面が表示されます。
 INSTALL FIRMWARE をクリックし、アップデートを行ってください。
 
3
 
 このようにゲージが進めば大丈夫です。
 
4
 
 この画面が表示されたら成功です。プログラムを閉じ、シロスの電源をOFFにしてください。
 
 ※シロスLシリーズはアップデートすると電源スイッチが効きません。バッテリーの付け外しによる電源OFFをお願いします。
  再起動で電源スイッチが再度使用可能になります。
 
 
以上がシロスS/Lシリーズファームウェアアップデート手順になります。

2017/3/17(金)、池袋オープンスタジオを開催しました。

 

今回のスタジオは、4本立てでお送りしました。

 

 

①ブロンカラーのパラで撮影セッティング、組み立てTRY

 

人気のブロンカラー パラ133とパラ222の組み立て方法をレクチャーしました。
パラはセンターにあるフォーカシングロッドを前後させることで、
フォーカスされた光、ディフォーカスされた光の両方を実現させることが可能です。

 

ストロボのみならずHMIにも使用出来るので、
スチル撮影・ムービー撮影どちらでも活躍しています。

 

弊社では機材レンタルもしております。
パラ133(Pキット)は1日17,000円(税別)、パラ222(Pキット)は1日24,000円(税別)でご利用いただけます。

 

また、ブロンスタジオで機材をレンタルする場合は、さらに半額でご利用いただけます!

 

 

②フェーズワン・ジャパン 下田氏によるCapture One Pro 10講座

 

フェーズワン・ジャパンから下田氏を講師としてお招きし、
RAW現像ソフトの中でも特に人気のCapture One Pro 10の基本操作、新機能紹介、
現場で使えるテクニックとトラブルシューティングに関して説明していただきました。

170322Phase

導入を検討中の方から、すでに利用しておりより知識を深めたい方まで真剣に聞いている皆様の姿が印象的でした。

 

ご購入、アップグレードご希望の方はお気軽にアガイ商事までご相談ください。

 

 

③閃光時間についてのプレゼンテーション

 

閃光速度表記の<t0.5>と<t0.1>の違いについて、
またCapture One Pro 10とブロンカラー スコロ3200Sを使用し、閃光速度を変えて何が出来るかをご覧いただき
近年お問合せの多いストロボの閃光速度について、疑問にお答えしました。

 

動きを止める!動きをブラス!色をかえる!
170322 OS2

左:速い閃光速度 右:遅い閃光速度

 

閃光速度を速くすることで細部までぶれることなくはっきりと映ります。

閃光時間を表す<t0.5>と<t0.1>の違いについては、ブログでもご説明しています。

 

④皆様でシューティング

ブロンカラーパラやサテライト スタロの効果の違いを踏まえ、お客様ご自身で思うようにライティングして、撮影を楽しんで頂きました。

 

170302OS

 

 

―オープンスタジオ終了後

20時終了で丁度お腹が空いたお時間。
お客様とスタッフで近所のレストランにて、ビールとケバブをいただきながら楽しい時間を過ごしました。

 

今後もアガイ商事では定期的にイベントを開催していきます。
ぜひアガイ商事のイベントにお気軽にご参加下さい。 

先週2月23日(木)~2月26日(日)、パシフィコ 横浜 にて CP+2017が開催されました。
連日開場前にもかかわらず、入場待ちの長蛇の列ができていました。


今年は出展ブースを拡大し、broncolorだけでなく、
KUPO GripSIHL写真用紙fotodioxLED新製品GTエキスプローラーキャリーケースなど
撮影機材の総合商社として幅広い商品を展示しました。


fotodiox

■KUPO GRIP(クーポ)日本上陸!http://www.agai-jp.com/products/brand-search/kupo.html

選べる豊富なラインナップ&納得の品質、そして最高のコストパフォーマンス。
独自の技術を用いて、プロのニーズに応える頑強な撮影用スタンドやグリップ類など各種アクセサリーを取り揃えています。
ワンタッチで複数本を連結して収納&運搬できるミニクリックスタンドなど、他にない独自の機能を備えたスタンドやグリップ類がたくさん。

KUPO


■ROTOLIGHT

roto


■SIHL MASTER CLASS(シール)日本新発売!http://www.agai-jp.com/products/brand-search/sihl.html
ファインアートに最適なインクジェット写真用紙が揃っています。

アガイ商事の展示ブースの他に、EPSONブースにてプリント体験ワークショップも開催されました。
エプソンプロセレクションx SIHL で楽しむ作品制作「SC-PX5VII」を使ってプリント体験も大盛況でした。

seminar


また別会場で行われたフォトアクセサリーアウトレットコーナーも今年から4日間開催とあり大盛況でした。
大特価アウトレット商品とあって、お買い得な商品が盛り沢山で皆様にご満足頂きました。

shop

CP+にご来場頂けなかった方、アウトレット見逃してしまった方、
気になる商品をもっとゆっくり見たい!という方は、池袋のショールームまでお越しください!

◇次回のオープンスタジオは3月17日(金)17時~20時です。池袋スタジオにて開催します。
http://www.agai-jp.com/event/openstudio.html

◇セクシーポーズBOOK発売記念 水着モデル撮影テクニック講習会 3月18(土) 残席僅かです。
http://www.agai-jp.com/event/seminer-info.html

◇商品購入はアガイオンラインショップからも可能です。
24時間いつでも商品をご覧いただけます。「忙しくて池袋に行けない!」という方はぜひご利用ください。
http://www.agai-shop.com/

FLMカーボン三脚の新製品です。
CP26-Travel、入荷しました。

 

トラベラータイプのFLM三脚の中でも抜群のコンパクトさを誇ります。
折りたたみ時は30cmを切るので、スーツケースの中にも収まります。

 

全5段、すべてを伸ばすと先端はさすがに細いですが、
従来のFLMカーボン三脚と同様、充分な剛性を誇ります。

 

先端の石突は、ネジ式で取り外せます。
スパイクタイプに交換することもできます。

 

カーボンの軽さを活かした、持ち運びに最適のトラベル三脚です。
旅のお供に、是非お持ちください。

 

アガイ商事オンラインショップで販売中!

 

【FLM CPトラベル スペック詳細】
● 脚の直径 : 26mm
● 段数 : 5
● 全伸高 : 141cm
● 伸高 : 121cm
● 最低高 : 11cm
● 格納高 : 39cm
● 重量 : 1.3kg
● 耐荷重 : 12kg
● トップネジ : 1/4インチ、3/8インチ交換可能
● 石突変換 : ネジ式

ブロンカラーRFS2.2発信機のリリースによって、ブロンカラーのストロボ機材でも
高速シャッタースピードを使用した撮影でのシンクロ発光が可能になりました。

 

RFS2.2で対応している「HSモード」は、他社製のモノブロックストロボやスピードライトが使用している
ハイスピードシンクロ(HSS)」とは、発光の仕組みが違います。
その違いについて、ご説明いたします。

 

フォーカルプレーンシャッターとフラッシュの同調

一般的にフォーカルプレーンシャッターのカメラでの撮影の場合、シャッター速度がX接点、多くの場合1/200秒より遅いとき、フラッシュ光の同調が可能です。シャッターの先幕が開き、フラッシュ光が発光して、後幕が閉じます。シャッターの先幕と後幕の間隔は、センサー面よりも長くなります。

図:1/60秒程度のシャッターでの露光

 
図:通常のストロボ発光の際のタイミングと発光曲線(クリックで拡大)

 

① 先幕が開き始めます。(黄色)
② 先幕が開ききります。
③ シンクロ信号が飛び、フラッシュが発光します。(緑)
  このとき、センサー面は完全に露出しています。
④ 後幕が閉じ始めます。(赤)
⑤ 後幕が閉じきります。(青)
 

 

シャッター速度がX接点より速いとき(多くの場合1/250秒~1/8000秒)、先幕が開ききる前に後幕が閉じ始めるため、シャッターが閉じるまでの間に、センサー面が完全に露出することはありません。

図:1/250秒のシャッターでの露光

 
図:速いシャッター速度のストロボ発光の際のタイミングと発光曲線(クリックで拡大)
graph fastshutter

 

 

① 先幕が開き始めます。(黄色)
② 後幕が閉じ始めます。(赤)
③ 先幕が開ききり、シンクロ信号が飛び、フラッシュが発光します。(緑)
  このとき、センサー面は先幕と後幕の間のわずかな隙間だけ露出しています。
④ 後幕が閉じきります。(青)

 

最速のシャッター速度の場合、先幕と後幕はほぼ同時に動き出し、センサーには動くスリットの間から抜けてくる光しか露光しません。この時にフラッシュ光を使った撮影をした場合、シャッター幕が画像に写り込んでしまう「幕切れ」現象が起こります。
この写真の場合、定常光であるLEDの光はわずかに露光していますが、フラッシュ光はスリットの隙間から一瞬しか露光していないため、画像の一部しか写らなくなります。

 

高速シャッターシンクロ時このような幕切れ現象を回避するために、様々な技術がストロボ機材に採用されています。

 

ハイスピード・シンクロ(HSS)

ハイスピード・シンクロ(HSS、またはオートFPシンクロとも)は、
先幕シャッターが開く前にストロボがパルス発光を始め、後幕が閉じるまでの間パルス発光を続けます。
カメラの視点から見ると、このパルス発光の光は露光している間、定常光のように写ります。

 
図:速いシャッター速度のストロボ発光の際のタイミングと発光曲線(クリックで拡大)
graph pulse

 

HSSはたくさんエネルギーを使いますが、一般的に出力の低いスピードライト(クリップオン・ストロボ)でのみ使用可能です。シャッターは最速1/8000秒まで同調可能ですが、コンデンサの容量が少ないため、露出に影響する全体的な光量は少なくなり、灯体を被写体に近づける必要があります。

 

ハイパーシンク(HS)

ハイパーシンク(HS)は、HSSでのパルス発光ではなく通常のフラッシュ光を使います。

HSは、フラッシュの閃光時間、発光曲線とシャッター幕の動きを揃えるため正確なタイミングで動作します。そのため、HSSでの発光よりも多くの光量を得ることができ、スタジオ用大型ストロボやモノブロックのような大光量ストロボでも使用することができます。

 
図:速いシャッター速度のストロボ発光の際のタイミングと発光曲線(クリックで拡大)
graph fastshutter HS

 

ストロボとカメラの組み合わせによってシャッター速度と露光の結果も異なりますが、ほとんどの組み合わせでHSによって充分な結果が得られます。
上のグラフの場合、緑色の「Camera Sync」のタイミングで先幕が開ききりシンクロ信号が飛びますが、そのタイミングでの発光では幕切れを起こすため、HSでは先幕が開く直前のタイミングでストロボを発光させ、閃光時間を利用して画面全体に露光させます。

 

  

 

HSSでの発光は、短い時間でたくさんの発光を行うため、チューブの摩耗が激しく、光の色や閃光時間なども考慮されていません。
露出を稼ぐことはできますが、せっかくのストロボを使ったライティング効果が得にくくなります。

 

それに対しHSでの発光は、ストロボ本来の発光曲線を描くので、光の色をそのまま出すことができ、フラッシュチューブの寿命にも悪影響を与えません。
また、閃光時間が短いと露光が得られなくなるため、ブロンカラーの色温度/閃光時間管理機能「ECTC機能」によって閃光時間を短くすることはできなくなります。

 

ブロンカラー RFS2.2システム

ブロンカラーRFS2.2システムは、HS機能を搭載しているので、ストロボの光が持つ本来の色再現性を損なうことなく、高速シャッターでのシンクロ発光を使用できます。

発信機本体のTTL端子にて、カメラからシャッター速度情報を拾うことで、HS発光が必要なときにその機能を動作させて、高速シャッターに対応します。
カメラの設定にもよりますが、対応するメーカーのカメラに発信機を装着し、HSモードをオンにするだけでシャッター速度を自動判別します。
ブロンカラーは現状、カメラ内蔵露出計に応じて発光量を調整する「TTL調光」には対応していませんのでご注意ください。

 

HSモードは、シロス400L / 800L(全バージョン)、シロス800S(バージョン49.08以降)、ムーブ1200L(バージョン48.07以降)の機種でご利用になります。
バージョン確認方法、アップデートに関しては、アガイ商事までお問合せください。

2017/1/21(土)池袋オープンスタジオを開催しました。


1002inc.吉田明広さんによるライティング解説ミニセミナーが大好評!


albion


2

3


全国書店で好評発売中の「broncolorでつくるプロフェッショナル最新ライティング」に掲載されている作例を、ライティング実演&解説して頂きました。



1


work2

 work3


ミラー状で反射する被写体を撮影するテクニックが披露されました。

プロダクト撮影において大切な、

色、形状、質感をきちんと映し出すこと、

さらに自分の表現をプラスしていくこと、など

ご自身の仕事の様子も交えながらわかりやすく説明して下さいました。



気になる撮影セットはこちら!


set2



カメラ前のディフューザーを外したところ

set


set3




メインライトはbroncolorピコライト&ピコライト用フレネルスポットアタッチメント
左右や手前からはライトスティックやライトバー60、ピコボックスなど、
左右から多灯でハイライトのアクセントを入れています。

ちなみに、メインのピコライト1灯の出力が800Wsの設定なのに対し、
他のライトスティックやライトバーを含む7-8灯は、それぞれ4Ws~10Wsとかなり低出力。

こんな極端な出力差も出せるのは3200Ws~3Wsという調光幅をもつスコロ3200Sならではですね。


ミラー状の質感を映し出すために、光沢感をよりはっきり出すために
ハイライトのグラデーションは黒ボードで光をきって更にくっきりとさせています。
パルソGヘッドのP70リフレクターにはめているディフューザーは、Oリングでパチンとはめるだけで装着も簡単。

set6


カメラは吉田明広さんもお使いの、PHASE ONE

set5

set4

左は乳白アクリル板、右はディフューザーごしに照射することで、
光の透過率も左右で微妙に変えていました。


また、被写体に水滴をつけたいがこの狭い空間にカメラ前から手が伸ばせない
そんなときに一工夫のお役立ちアイディアもこっそり(?)披露されました。

4



終了後には、アガイ商事で直輸入&販売しているスイスワインや軽食を振る舞い、新年会☆

6



撮影用品の使い方や知識を深めるだけでなく、
参加者同士の交流や写真談義などを通じて幅広いアイディアや刺激を受けられるのもアガイのイベントの特徴です。

ぜひアガイ商事のイベントにお気軽にご参加下さい。

[今日の勉強会]
取扱いブランドがとても多いので、幅広く扱う撮影用品のなかから
テーマを決めて社員のレベルアップのための機材勉強会をしています。

sumo2

今日の内容はSUMO Lightの新製品、SUMOSPACE(スモスペース)です。
ドイツから着きたてほやほやのLEDライトです。

sumo1
sumologo

sumospace




ハイパワー500W、独自の特許技術を使ったヒートシンクによってファンレス・ 薄型化に成功!


↓この独自のヒートシンクがsumo supaceの特徴です↓  薄型だしファンレスで静かですね。

sumo3



天井から吊ることも、ヨークを付けてスタンドに立てることもでき、適度なサイズ感で使いやすそう。

バイカラー 交互にチップが配置されています。

sumo4


sumo5


見やすい操作パネル、調光は0-100%まで、色温度は2800K-6500K(ケルビン)まで変えられます。

<< >> マーク は50 Kずつ、< > は5Kずつ、と調整も簡単で、

☆さらに裏技☆
<<< の2つを同時に押すと最小数値(出力なら0、色温度なら2800K)
>>> の2つを同時に押すと最大数値(出力なら100、色温度なら6500K) にワンタッチで設定できます!

sumo5a

sumo5b




DMXチャンネル(5ピンとLAN端子)、
また本体に内蔵されているWifiに接続することで、スマホやタブレットで出力・色温度を遠隔操作もできます。


sumo6


本体の照射角度120°をさらに狭くするオプションレンズ(30°または60°)もあり、装着も簡単。

sumo7


リフレクターとそれに接続するスカートと呼ばれるディフューザーのオプションもあります。

装着例
DSC08970


sumospace(スモスペース)LEDはアガイ商事ショールームでご覧頂けます。
販売・レンタルも開始しますのでぜひお試し下さい。

アガイ商事が直接契約して仕入れている「ミリオン」ブランド。
皆さまの要望にお応えできるよう、定期的にラインナップの検討会を行っています。

最近も、新しい工場からサンプルを取り寄せて、社内で検討会を行いました。

 

 

 

検討会を重ねて、品質のよいものだけをミリオンのラインナップとして加えます。
新しい製品が加わりましたら、またご案内いたしますね。

 

ミリオン製品のお問い合わせ、ご注文はアガイ商事まで。

アガイ商事の水野です!
2017/1/8(日) 18:30~ テレビ東京系にて放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(池袋編)」にて、アガイ商事が紹介されました!

 

さまぁ~ずのお2人とFLM・カーボン三脚の早組立て競争、ケーブル早巻き競争を実施。
普段一緒に仕事をしている技術さんやカメラアシスタントさんの世界を体験していただきました。

 

ドイツ製のFLM三脚は、カーボン製で非常に軽量、ロケーションにも最適な三脚です。
脚のロックを外す際も回す回数が少なくて済むので、素早く組立、収納が出来ます。

緊張のあまり、脚をすっぽ抜いてしまいましたが、屋外などで使用の際小砂利やホコリが入ってしまっても、
すぐに掃除できるよう分解ができる構造になっています。

 

カメアシの山村さん(ランドセル)との対決に敗れてしまったので、Fotodiox製レンズ型タンブラーを提供しました。
こちらは、数量限定でオンラインショップで販売中です!
さすが、現場で活躍するプロは速い!

 

青木Cマンも欲しがる機材が満載のプロショップですが、もちろんアマチュアの方も大歓迎です。
是非皆さま一度、遊びに来てください!

 

l download

l mail

l campaign

l tax