取扱製品取扱製品
スペクトロマスター C-800
  C800 PT09 Hero WhiteBG jp
  4つの演色評価指数を搭載し比較が可能な 分光式カラーメーター

「スペクトロマスター C-800」は写真、映像分野や産業分野で使用される各種の演色評価モードを搭載したカラーメーターです。アカデミー賞の選考元である映画芸術科学アカデミーを初め、ハリウッドを代表するアメリカン・ソサイエティ・オブ・シネマトグラファー(ASC)やフォトグラファー、照明メーカーからの要望を元に4つの演色評価モードを搭載、各種のデータ比較も可能となりました。

4つの演色評価指数を搭載
SSIは映画芸術科学アカデミーが開発した演色評価指数で、CIE標準光源(タングステンやデイライトのD55など)、もしくはメモリーした光源との比較を指数とグラフで表示します。C-800がカラーメーターとしては世界で初めて搭載しました。

TLCIはカメラの特性を演算に入れ、テレビ映像の作成を前提とした演色評価指数です。CRIと同じように100点満点のスコアで表示します。また、TLMFと呼ばれる、基準の光源(メモリした値)との比較を指数で表示する機能も有しています。

TM-30-15は99色の基準色と人間の目の特性を元に、Rf(色忠実度)とRg(鮮やかさ)を指数で表示します。数値とカラーベクトルグラフィックで表示されます。

CRIはC-700にも搭載されていたスタンダードな演色評価指数です。C-800ではCRIの比較モード(メモリー値と現在の測定値比較)も搭載しました。

またテキストモードでは、x,yの色度座標と、Hue(色相)、Saturation(彩度)の表示に対応、RGB調光タイプのLEDに直接測定値を入力し、複数の光源の色味を合わせるのに役立ちます。色温度、LB補正値やCC補正値、照度等の基本データと共に一目で光の状態を確認することができます。4.3インチのタッチスクリーン、回転式の受光部、C-700で搭載されていたスペクトルグラフ、スペクトル比較、フィルター補正値、多灯比較、ホワイトバランス補正値など、豊富な測定モードの表示が可能です。写真や映画の撮影分野から、産業分野まで幅広くお使いいただけます。

※C-800にフィルムモード(写真的色温度)は搭載されておりません。

 
 2018年12月発売予定

l download

l mail

l campaign

l tax